PR ※記事内に広告が含まれています。

アルファードの中古が安い理由は5つ!購入して後悔しないポイントも

アルファード

アルファードの中古が安い理由は5つあります。

ここでは、その背景に迫りつつ、なぜ中古のアルファードが人気を博しているのかについて解説します。

さらに、後悔や失敗を避けるために注意すべきポイントや、状態の良い中古アルファードを見つける方法についてもご紹介します。

また、中古ではなく新車のアルファードを格安で手に入れる方法についても触れます。

最後に、よくある質問にお答えするQ&A形式で、アルファードの中古車についての疑問を解消していきましょう。

アルファードの中古市場について、知っておくべき情報が満載です!

アルファードの中古が安いのはなぜ?5つの理由を解説!

アルファードの中古が安い5つの理由
  1. 現行モデルの販売期間が長い
  2. 車の寿命を越えた1代目・2代目が多い
  3. 走行距離が長い
  4. 販売台数が多い
  5. フルモデルチェンジされる

【理由①】現行モデルの販売期間が長い

2023年6月21日にフルモデルチェンジされた4代目が登場。

一世代前の3代目は、2015年から販売され、2017年のマイナーチェンジのみで7年間販売が続いています。

低年式と呼ばれる7年落ちの車は人気車でも価格が下がりやすくなります。

【理由②】車の寿命を越えた1代目・2代目が多い

アルファードは1代目が2002年、2代目は2008年に販売されました。

年式が13年落ち以上の車は、自動車税が約15%、重量税が約40%高くなることからも中古価格は安くなります。

【理由③】走行距離が長い

車の年式と同じく走行距離も中古価格に反映されます。

一般的に10万㎞を越えると、価格が大幅に下がります。

ファミリーカーとして人気のアルファードは10万㎞を越える車も多いため、価格が安くなります。

【理由④】販売台数が多い

アルファードの2022年新車販売台数は60,225台。

軽を除く乗用車では10位にランクインする流通台数の多い車です。

そのため中古台数も多くなりグレードや状態によって価格が下がりやすいようです。

【理由⑤】フルモデルチェンジされる

アルファードは2023年6月21日にフルモデルチェンジして販売開始予定です。

そのため1代目2代目はもちろん、現行モデルの中古も下がり始めています。

アルファードの中古で後悔・失敗しないための注意点

アルファードの中古で後悔・失敗しないための4つの注意点
  1. 定期点検整備記録簿が残っているものを選ぶ
  2. 購入後の保証の有無
  3. 燃費を確認する
  4. 自動車税の確認

【注意点①】定期点検整備記録簿が残っているものを選ぶ

車の現在の状態、これからのメンテナンス時期を把握するためにも記録は重要です。

  • 新車からの定期点検の有無
  • 修復歴
  • 走行距離

これらの重要事項を知ることができます。

【注意点②】購入後の保証の有無

車両の状態が見えにくい中古車は、納車後に不具合が起こる可能性が新車より高くなります。

万が一のためにも保証制度などアフターサービスがついているかを購入前にチェックしておきましょう。

【注意点③】燃費を確認する

現行アルファードの実燃費は、2.5Lで10km/L前後です。

年式が古ければ燃費は悪くなります。

燃費を重視している場合は年式を確認して検討しましょう。

【注意点④】自動車税の確認

アルファードはグレードにより自動車税が違います。

ガソリン 2.5Lとハイブリッドは43,500円ですが、高級グレードの3.5Lでは 57,000円です。

グレードと維持費をよく確認してから購入しましょう。

中古だと安いアルファードは、なぜ人気があるのか?

中古だと安いアルファードが人気の2つの理由
  1. 買取価格が安定して下がりにくい
  2. 故障が少なく長期間乗れる

中古だと安いアルファードが人気なのは、主に2つの理由が考えられます。

【理由①】買取価格が安定して下がりにくい

【理由②】故障が少なく長期間乗れる

アルファードは残価率が5年落ちでも50%前後ある需要の高い車であること、しっかりとメンテナンスされていれば、10年落ちの車でも安全に乗れることが人気の理由でしょう。

状態の良いアルファードの中古車を買う方法

アルファードの口コミや評判を見ると、費用や燃費の面で後悔している人もいれば、乗り心地や高級感などで高い評価している人がいます。

新古車や中古車でも手が届くのなら「アルファードに乗りたい!」と心が決まった人もいることでしょう。

ですがアルファードを中古で購入しようと検討しているあなたは、次のことに悩んでいませんか?

  • 自分の要件に適したアルファードを素早く見つけたい
  • ネットで検索したが、望んでいるアルファードを見つけることができなかった
  • 現地販売員の強引なセールスを避けたい
  • 保証が十分に提供されている販売店で購入したい

ズバブーンの中古車無料検索サービスは、これらの悩みを一掃するための最適な解決策です。

ズバブーンの中古車無料お探しサービスには次のようなメリットがあります。

  • 条件に見合ったアルファードをわずか35秒で探せる
  • ない場合は優先的な「入荷待ち」ができる
  • 全国に500店舗展開で毎日400以上の中古車が入荷している
  • プロ(プランナー)が電話で相談に乗ってくれる
  • 10年間の保証が付いている
  • 大手のガリバーが運営しているから安心

一般には公開されていない非公開車両の中から、あなたの条件にぴったりのアルファードの新古車・中古車を見つけることができますよ♪

非公開車両は、一般的には市場に出回る前の車両情報です。

フォームを利用した方にだけ公開される情報ですので、ぜひ一度お試しください。

悩んでいる間に、「その条件のアルファードは、少し前にはありましたが…」ということがよく起こります。

たった35秒で入力が完了し、利用は完全に無料ですので、気軽にお試しくださいね。

\ズバブーンで欲しいアルファードが見つかる/

35秒で入力完了!

「スバブーンって初めて聞くので不安」という方は、こちらの口コミをご覧になってみてください。

ズバブーン
「ズバブーン」の記事一覧です。

中古じゃなくて新車のアルファードを格安で買う方法

アルファードを安く買う2つの方法
  1. 新車を値引き交渉する
  2. 今の車の査定をする

【方法①】新車を値引き交渉する

新車を格安で手に入れる方法の一つは、値引き交渉を行うことです。

値引きの幅は人により異なりますが、0円~70万円と幅広いです。

平均的な値引き幅は30万円~40万円程度です。

ですので、この平均値を目標として交渉してみましょう。

値引き交渉を成功させるためには、以下のポイントに注意しましょう。

・相場を把握しておく
・季節やキャンペーンなど交渉のタイミングを考える
・複数のディーラーを比較する
・オプションや付属品の交渉も行う

値引き交渉はディーラーとのコミュニケーションや交渉力が求められます。

ですが慎重な準備と戦略的なアプローチによって、新車を格安で手に入れることができるかもしれません。

是非、値引き交渉に挑戦してみてください。

【方法②】今の車の査定をする

新車のアルファードを格安で手に入れるもうひとつの方法、今の車の査定をすることが挙げられます。

ディーラーの下取りでは、自分の車を安く買い叩かれる可能性があるため、査定額を事前に知っておくことは重要です。

査定額を把握しておけば、下取り額で騙されずに済むでしょう。

幸いなことに、今は査定サイトを利用することで簡単に査定額を知ることができます。

査定サイトを利用すれば、明日にも自分の車の現在価値が分かります。

サイトにアクセスし、必要な情報を入力するだけで、数分後には査定額が表示されるでしょう。

査定サイトを利用するメリットはの通りです。

・競争原理が働き高い査定額を提示してくれる業者を選ぶことができる
・自宅で簡単に査定ができる
・査定結果が即座に表示されるため、時間がかからない

査定サイトを利用して自分の車の査定額を把握し、ディーラーの下取り額と比較してみましょう。

その結果に基づいて、より有利な取引を目指すことができます。

新車のアルファードを格安で手に入れるために、特に査定サイトのMOTAの活用をおすすめします。

MOTAなら明日の18時までに相場も最高額も分かります。

MOTAのメリットは次の通りです。

・リアルな査定はしなくてもOK
・翌日の18時までに査定額が出る
・最大20社の査定額が分かる
・最大3社と電話するだけでOK

翌日の18時までに、現地の査定をせずに、査定額が出てきます。

営業電話が頻繁にかかってくることはありませんので、安心です。

\アルファード買うなら無料査定してから♪/
ディーラーよりも愛車が高く売れる!

MOTAは、最大20社の買取価格をまとめてチェックできる車買取査定サイトで、安心して利用できます。

査定額 400万円~450万円

トヨタ アルファード 3.5 エグゼクティブ ラウンジ S 4WD
査定依頼日:2023年05月14日
年式:2018年 | 走行:~1万キロ | 色:黒 (ブラック)

査定額 350万円~425万円

トヨタ アルファード 3.5 GF
査定依頼日:2023年06月13日
年式:2018年 | 走行:~3万キロ | 色:黒 (ブラック)

査定額 380万円~420万円

トヨタ アルファード 2.5 S Cパッケージ
査定依頼日:2023年06月05日
年式:2018年 | 走行:~5万キロ | 色:黒 (ブラック)

高額査定の3社のみからの電話連絡ですので、営業電話が苦手な方でも安心してください。

\無料査定だけでもOK♪/
ディーラーよりも愛車が高く売れる!

「MOTA、使ったことが無いので不安」という方は、こちらで評判をチェックできますので、ご覧になってみてください。

MOTA
「MOTA」の記事一覧です。

アルファードの中古が安いことについてのQ&A

Q.アルファードの値崩れはありえる?

アルファードのリセールは高く、大きく値崩れすることは考えにくいです。

ただ2023年6月のフルモデルチェンジ後で現行の買取車数が増える今期は価格の変動が予想されます。

Q.アルファードを買うにはどのくらいの年収が必要なのか?

A.アルファードを新車で購入であれば、年収700〜800万円程度、ローンを組む場合は1,000万以上の年収が理想です。

現金で購入、または中古で安く購入の場合は、維持費のみなので30代の平均年収300万程でも買うことは可能です。

余裕を持っての維持を考えると500万の年収が理想でしょう。

Q.アルファード の中古で30万や100万ってどんな車?

A.中古で30万円台のアルファードとなると、ほぼ初代の年式で走行距離が10万㎞前後の物になります。

100万前後だと2代目の前期が多くなってきます。

修復歴がある物も多く、13年落ちで自動車税も高くなります。

Q.アルファードの30系で激安中古はある?

30系前期型で185万(車両本体価格)が現在(2023年6月)の最安値です。

200万以下の30系は、修復歴有や10万㎞オーバーの車が多くなります。

フルモデルチェンジ販売後はさらに下がると予想されます。

Q.アルファードはリッター何キロ走る?

A.・初期:8.6~9.7km/L
 ・2台目:9.1~11.2km/L
 ・3代目:10.6~14.8km/L

新型アルファードのWLTC燃費は10.3〜17.7km/Lと、さらに向上しています。

愛車を「損せずに、高く売りたい」方は必見!

ディーラーでの下取りは安く見積もられてしまうので、損をする可能性が高いです。

高く売るなら一括査定がベストです。

ですが、申し込んだ直後から電話が鬼のようにかかってきますし、比較するのが面倒で、時間がかかります。

MOTAの場合は、明日の18時までにネット上で簡単に相場や最高額が分かります。

最大20社がオークション形式で査定額を出すので高額査定が出やすいですが、電話は査定額が上位の最大3社だけです。

利用して愛車を高く売りましょう!

アルファード
スポンサーリンク
car01をフォローする
車LOVE!
タイトルとURLをコピーしました