値落ちしない車ランキング!外車・国産SUV・軽で値落ちしにくいのは?

後悔
  1. 値落ちしない車ランキングの前に!「値落ちしない8種類の車」とは?
    1. 【種類①】流行のSUVモデルの外車
    2. 【種類②】輸入車特有の華やかな見た目の外車
    3. 【種類③】国内でも国外でも需要がある国産SUV車
    4. 【種類④】趣味性の高い軽自動車
    5. 【種類⑤】トールワゴンタイプの軽自動車
    6. 【種類⑥】ボディカラーが白か黒
    7. 【種類⑦】希少価値が高い車
    8. 【種類⑧】フルモデルチェンジのスパンが長い車
  2. 値落ちしない車ランキング【外車編】(TOP5)
    1. 【TOP1】メルセデスベンツGクラス(最も資産価値の高い外車!)
    2. 【TOP2】ジープ ラングラー
    3. 【TOP3】ポルシェ ケイマン
    4. 【TOP4】ポルシェ ボクスター
    5. 【TOP5】ジープ レネゲード
  3. 値落ちしない車ランキング【国産SUV編】(TOP5)
    1. 【TOP1】トヨタ ランドクルーザー(リセールランキング堂々1位!)
    2. 【TOP2】トヨタ ランドクルーザープラド
    3. 【TOP3】トヨタ レクサスRX
    4. 【TOP4】スバル フォレスター
    5. 【TOP5】トヨタ ハリアー
  4. 値落ちしない車ランキング【軽自動車編】(TOP5)
    1. 【TOP1】スズキ ジムニー(軽自動車リセールランキング堂々1位!)
    2. 【TOP2】ホンダ S660
    3. 【TOP3】ダイハツ コペン
    4. 【TOP4】スズキ ハスラー
    5. 【TOP5】ホンダ N-BOXカスタム
  5. 値落ちしやすい車とは?値落ちする3つのタイミング
    1. ①フルモデルチェンジ発表後
    2. ②新生活が始まった4月~5月
  6. 車を最高のリセールバリューで売る方法
    1. ①1~2月に売る
    2. ②7~8月に売る
    3. ③フルモデルチェンジの発表前
  7. 値落ちしない車ランキングに関するQ&A
    1. Q.レクサスは値落ちしない車って本当?
    2. Q.BMWの値落ち率はどのくらい?
    3. Q.セダンの値落ち率はどのくらい?
    4. Q.ベンツの値下がり率は?
    5. Q.値落ちの激しい外車は何?

値落ちしない車ランキングの前に!「値落ちしない8種類の車」とは?

carresale_001

値落ちしない8種類の車(2022年最新!)
  • ①流行のSUVモデルの外車
  • ②輸入車特有の華やかな見た目の外車
  • ③国内でも国外でも需要がある国産SUV車
  • ④趣味性の高い軽自動車
  • ⑤トールワゴンタイプの軽自動車
  • ⑥ボディカラーが白か黒
  • ⑦希少価値が高い車
  • ⑧フルモデルチェンジのスパンが長い車

【種類①】流行のSUVモデルの外車

悪路走行や実用性が高く、見た目もかっこいいSUV車。

世界的に流行しており、国産車でも外車でもSUV車は値落ちしにくくなっています。

【種類②】輸入車特有の華やかな見た目の外車

国産車にない、輸入車特有の華やかな見た目の外車はどの時代でも人気があります。

実用性はもちろん、自宅の庭先に駐車しておくだけで家をおしゃれに見せてくれます。

根強いファンが需要を支えてくれるため、値落ちがしにくいです。

【種類③】国内でも国外でも需要がある国産SUV車

先述した通り、近年SUV車が世界的に流行しています。

そのため、国内での人気はもちろんのこと、海外にも輸出をしているSUV車はリセールバリューが落ちにくくなっています。

中古車のSUV車を輸出することも多いため、5年目くらいまでは高価格で買い取ってもらえる可能性が高いです。

SUV、確かにかっこいいですよね。

【種類④】趣味性の高い軽自動車

コンパクトで狭い道でも乗り回しやすく、維持費も安めの軽自動車。

身近で手を出しやすい存在として人気がありますが、リセールバリューはスポーツカーやクロカン車など趣味性のあるものが高い傾向も。

また自動車に比べ税金や維持費がかからないため、比較的購入のハードルが低いことも値落ちしない理由の一つです。

【種類⑤】トールワゴンタイプの軽自動車

子育て世代からアウトドア好きの人まで、幅広く需要があるトールワゴン。

その実用性の高さから、リセールバリューが高い傾向があります。

しかし、同じトールタイプでもリセールバリューに差が出ることも。

もし、売却を考えて購入する場合は、スライドドアとターボつきタイプを選ぶと、資産価値が上がります。

【種類⑥】ボディカラーが白か黒

街中を歩いていると、様々な色の車を見かけますよね。

一見、どのカラーも人気が高いと思われがちですが、今も昔も需要が高いのはモノクロ色。

売却を感がる場合は、白や黒のボディカラーを選ぶことが無難です。

一方、フェラーリやクーパーのように、ブランドカラーや華やかさが売りの外車は、赤などカラフルな色でも需要が高い場合もあります。

【種類⑦】希少価値が高い車

販売数が限定的だったり、既に生産が終了していても人気があったりする車は希少価値が高めです。

どんな高額でも購入したい人がいるため、値落ちどころか購入時よりも値上がりする車さえ存在しています。

【種類⑧】フルモデルチェンジのスパンが長い車

車が値落ちする大きな要因の一つが、フルモデルチェンジです。

前のモデルが好きで購入する人もいますが、基本的には新しいものを求める人が多いため、フルモデルチェンジが決まった車の価値は下がってしまいます。

つまり、フルモデルチェンジのスパンが長いと、価値が下がるまでの期間も長くなるということです。

値落ちしない車ランキング【外車編】(TOP5)

carresale_004

値落ちしない外車ランキングTOP5
  1. ベンツ Gクラス
  2. シープ ラングラー
  3. ポルシェ ケイマン
  4. ポルシェ ボクスター
  5. ポルシェ 911

車検の時期である「3年落ち」と「5年落ち」のリセールバリューを基準とし、残価率の高い車TOP5をまとめました。

残価率とは、買取相場/新車の値段(%)で算出されたものです。

尚、グレードやボディカラー、走行距離、モデルチェンジのタイミングなどで実際の買取価格は変動します。

【TOP1】メルセデスベンツGクラス(最も資産価値の高い外車!)


ベンツのGクラスは、高級車と呼ばれるメルセデスの中でも特に高価なクラシカルSUV車です。

軍用モデルをモチーフにした見た目は、フルモデルチェンジしてもあまり変わることがなく、走破性なども抜群です。

そのため、世界中で人気があり、3年後の残価率が新車価格を超えることも。

5年経つと残価率が60%くらいまで落ちますが、それでも外車としては高価格の部類です。

フルモデルチェンジのスパンが長いことも、リセールバリューの高さに繋がっているようです。

【TOP2】ジープ ラングラー

ジープのタフなイメージを作り上げてきたラングラー。

圧倒的なオフロードの強さと、ワイルドな見た目で世界中に熱狂的なファンが存在しているSUV車です。

そのため、3年後の残価率は90%程度、5年後でも70%以上をキープしています。

SUV車が流行している中でも唯一無二の存在だからこそ、リセールバリューが下がりにくいと言えます。

【TOP3】ポルシェ ケイマン

高いパフォーマンスとダイナミックな走行で人気のあるスポーツカー、ケイマン。

ケイマンの長所は、モデルチェンジをしてもリセールバリューがあまり落ちないということです。

3年後でも5年後でも、残価率は70%前後と高水準をキープしています。

また、高級車と呼ばれるポルシェの中では新車価格が低めで、手が届きやすいことも値落ちしない理由の1つです。

2024年からフル電動化予定のため、ガソリン車の価値はより高まるかもしれません。

【TOP4】ポルシェ ボクスター

ケイマンと同様に、手が届きやすいスポーツカーとして人気のあるボクスター。

リセールバリューも安定していて、5年後でも残価率は60%以上あります。

特に、「ベースグレード」や「GTS」のリセールバリューが高めでお勧めです。

【TOP5】ジープ レネゲード

大きなSUV車を取り扱うことが多いジープで、初めてスモールタイプのSUV車として開発されたレネゲード。

小型でも、ジープらしい走りで魅せてくれる車です。

値落ちも比較的しにくく、残価率は5年後でも60%前後をキープしています。

狭い道の多い日本社会でジープに乗りたい場合、比較的普段使いしやすい大きさなので人気があります。

値落ちしない車ランキング【国産SUV編】(TOP5)

carresale_005

値落ちしない国産SUVランキングTOP5
  1. トヨタ ランドクルーザー
  2. トヨタ ランドクルーザープラド
  3. トヨタ レクサスRX
  4. スバル フォレスター
  5. トヨタ ハリアー

こちらのランキングも、車検の時期である「3年落ち」と「5年落ち」のリセールバリューを基準とし、残価率の高い車TOP5をまとめました。

尚、グレードやボディカラー、走行距離、モデルチェンジのタイミングなどで実際の買取価格は変動します。

【TOP1】トヨタ ランドクルーザー(リセールランキング堂々1位!)


SUV車でも圧倒的な人気を誇るランドクルーザー。

その残価率は、3年後でも5年後でも90%以上を叩き出しています。

その大きな理由は、海外でも人気があるということ。

特にパキスタンへの輸出に強く、5年落ちまでは高価格での買取が期待できます。

新車価格もオプションも高額なため入手が難しいですが、その分の資産価値がある車です。

【TOP2】トヨタ ランドクルーザープラド

ランドクルーザーと同様に、パキスタンに大量輸出されるランドクルーザープラド。

こちらも5年後まで80%前後の残価率をキープしています。

より高い買取を期待するなら、輸出量が多いガソリン車がお勧めです。

【TOP3】トヨタ レクサスRX

大型高級SUV車であるレクサスRX。

国内では勿論、海外での人気も高く、特にマレーシアへ多く輸出されています。

また、デザインに一貫性があるため、モデルチェンジしても旧型に乗り続けることへの抵抗が少なく、リセールバリューが安定しています。

5年後までは残価率が60%前後、ブランド力で値崩れが起きにくいSUV車です。

【TOP4】スバル フォレスター

SUV車らしいフォルムと高い走行性で、根強い人気があるフォレスター。

海外での需要も高く、特にアメリカやヨーロッパで人気があります。

残価率は3年後では70%以上ありますが、5年経つと50%前後です。

できるだけ高価格で売りたい人は、早めの決断が必要です。

【TOP5】トヨタ ハリアー

ミドルサイズのSUV車の中でも高級感が溢れるハリアー。

現行型が販売されたのが2020年のため、しばらくの間はフルモデルチェンジによる値落ちの心配が不要な点が大きなメリットです。

ハリアーも海外で人気が高いため、様々な国に輸出をしています。

ハイブリットよりもガソリン車の方が残価率は高めの傾向があるため、できるだけ高い買取を希望している人はガソリン車がおすすめです。

値落ちしない車ランキング【軽自動車編】(TOP5)

carresale_006

値落ちしない軽自動車ランキングTOP5
  1. スズキ ジムニー
  2. ホンダ S660
  3. ダイハツ コペン
  4. スズキ ハスラー
  5. ホンダ N-BOXカスタム

こちらのランキングも、車検の時期である「3年落ち」と「5年落ち」のリセールバリューを基準とし、残価率の高い車TOP5をまとめました。

尚、グレードやボディカラー、走行距離、モデルチェンジのタイミングなどで実際の買取価格は変動します。

【TOP1】スズキ ジムニー(軽自動車リセールランキング堂々1位!)


一般的な軽自動車に比べて、車高、耐久性、走行性の高いジムニー。

軽自動車の元祖SUV車として、長い間人気があります。

そんなジムニーの3年後の残価率は何と100%越え。

需要に生産が追い付いていない状況です。

5年後の残価率も60%近いため、追随を許さない唯一無二の存在です。

【TOP2】ホンダ S660

軽自動車なのに本格的なオープンスポーツカー、それがS660です。

こちらもジムニーと同様に、趣味性の高い車として一定の層に根強い人気があります。

3年後の残価率は75%近く、5年後でも60%以上という高さを維持しています。

2022年3月に生産を終了したため、この先どれくらい値上がりをするのか楽しみな車でもあります。

【TOP3】ダイハツ コペン

外車のような可愛らしいフォルムで人気のあるオープンカー、コペン。

3年後の残価率は70%以上、5年後でもそれ程買取価格の下落が見られません。

また、コペンは17年落ちや事故車でも買取価格がつくことがある趣味性の高い車です。

それだけ希少で、常に需要があるということが分かります。

【TOP4】スズキ ハスラー

トールワゴンとSUV車両方の魅力を持つハスラー。

3年後の残価率は70%近くあり、5年後もまだまだ高値で売ることができます。

軽でも安心してアウトドアにでかけたい、そんな人達にこれからも需要が高い軽自動車です。

【TOP5】ホンダ N-BOXカスタム

子育て世代に支持されているトールワゴン。

どの会社のトールワゴンも人気があり、残価率も大きな違いはないですが、その中で少しだけ高めなのがN-BOXです。

3年後の残価率は70%近くありますが、5年度は50%以下まで落ちるため高値で売りたい人は早めに検討する必要があります。

新車の売り上げ台数もライバル車より多いため、中古でも人気があるようです。

値落ちしやすい車とは?値落ちする3つのタイミング

carresale_002

国産車、外車ともに、セダン、ディーゼル車、ワゴンタイプは、短期間で値落ちしてしまいます。

ベンツやBMWのこの車種の平均値は3年後で40%程度のリセールバリューとなってしまいます。

リセールを活用して上手に乗り継ぎたい人は、人気の高い車を選ぶようにしています。

さらに寝落ちするタイミングもあります。

値落ちするタイミング
  1. フルモデルチェンジ発表後
  2. 新生活が始まった4月~5月

①フルモデルチェンジ発表後

値落ちするタイミングの1つ目は、フルモデルチェンジ後です。

よりよい性能を持たせたり、時代のニーズに合わせた仕様にしたりするために、ある一定の周期で自動車はフルモデルチェンジを繰り返していきます。

基本的に、フルモデルチェンジした車は旧型よりも優れています。

そのため、旧型の需要は一気に下がり、価値も低くなってしまいます。

②新生活が始まった4月~5月

2つ目は4月~5月です。

自動車会社は決算が終わり、お客さんは新生活が始まって忙しい季節。

必然的に自動車の売り上げは落ち込みやすくなります。

需要が少ないと、車の在庫もそこまで必要ありません。

そのため、高価な買取を狙うことは難しくなります。

車を最高のリセールバリューで売る方法

carresale_003

  1. 1~2月に売る
  2. 7~8月に売る
  3. フルモデルチェンジの発表前

①1~2月に売る

新生活が始まる4月。

その準備で、3月に車の購入を考える人が多くいます。

また、3月は大体の自動車会社の決算期に当たります。

そのため、その直前である1~2月に車を売ると、高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

②7~8月に売る

4月の次に、転勤などで生活が変動しやすいのが9月。

半期の決算月でもあるため、買取にも力が入っています。

また、夏のボーナスで車を購入しようと考える人も。

そのため、販売が勢いづく直前の7~8月の売却もお勧めです。

③フルモデルチェンジの発表前

前述した通り、フルモデルチェンジが発表された車の価値は大幅に下落します。

今までのフルモデルチェンジのスパンを計算して予測を立て、それよりも前に売ることが高価買取のチャンスです。

ただ、現実的に難しいため、①か②が最高のリセールバリューで売る方法といえます。

値落ちしない車ランキングに関するQ&A

carresale_008

Q.レクサスは値落ちしない車って本当?

A.はい、値落ちしにくい車です。

トヨタが誇る、世界でも通用する高級車レクサス。

高級外車が維持費や修理代が高いのに対し、耐久性に優れていて、壊れても国内で部品が簡単に手に入ることが人気の要因です。

また、レクサス特有な見た目があり、モデルチェンジをしても変化が少ないため、流行に捕らわれず乗れることが資産価値を高めています。

Q.BMWの値落ち率はどのくらい?

A.車種によります。

BMWは日本でも人気な高級外車ですが、新車から3年経つと残価率が40%代になる車種が多くあります。

特にセダンは、高価格な程値落ちしやすい傾向です。

一方、流行りのSUV車やスポーツカーモデル、ディーゼル車タイプは残価率が50%以上のものもあります。

Q.セダンの値落ち率はどのくらい?

A.セダンは購入直後にガクッと値落ちする車種が多く存在します。

特に高級外車は、3年後に残価率が30%に下がってしまうことも稀ではありません。

しかし、トヨタのプレミオのように購入時よりも高価格で売れる可能性のある車もあります。

海外で人気があるかどうかで値落ち率が変動するようです。

Q.ベンツの値下がり率は?

A.車種によります。

人気のSUV車は高リセールバリューを維持しています。

しかし、ミドルクラスの高級セダン、ディーゼル車、ワゴンタイプはあっという間に値下がってしまうため、ブランド全体の平均値は3年後で40%程度です。

Q.値落ちの激しい外車は何?

A.BMWやベンツです。特に、高価格の車種程値落ちが激しいと言われています。

購入費や維持費の高さから、購入して3年以内に売却する人が多いため、あっという間にリセールバリューが下がってしまうようです。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました